アイロンワーク

お客様からアイロンワークについてよく質問を頂くので少しアイロンワークについて書いてみたいと思います。

アイロンワークとは平面の生地を立体的にする為に行う作業です。

人間の身体は直線よりも曲線が多いので、アイロンによる熱と圧力で変化をさせていきます。

この工程はほぼ全ての箇所に行われます。
肩甲骨の膨らみを作っています。

上襟の癖取りです。

通常ですと上襟は襟のカーブに合わせてカットされてしまいますが、当店では襟のカーブに合わせて生地を変化させます。

胸のボリューム、肩のイセ、袖の癖取りなど、曲線の箇所は全てこの作業を行います。

それにより滑らかな曲線が作られます。

生地により戻りやすい物もあるので、何度もアイロンを使って、熱して、冷ましてを繰り返して形を安定させます。

とても時間のかかる作業になりますね。

チェック柄ですととても分かりやすいので、仕立て屋さんに行かれた際は見てみてください。

上襟の先端を見て頂くと分かると思いますが、横線が切れずに上襟に付いています。

関連記事

  1. 2piece suit

  2. MTM

  3. MTM

  4. Trousers

  5. イージーオーダースーツ

  6. 仮縫い